Top > 金融 > 金融商品は難しいのが前提

金融商品は難しいのが前提

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨をトレードして利益を稼ぐ投資です。

 

売買の注文の価格は、いつも動いています。

 

それが為替レートです。

 

インターネットを見ているとドル円やユーロ円の為替相場の情報が流れる場合があります。

 

見かけるのが、「今日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを示しています。

 

要するに、取引には、買いと売りの2つの値段が存在します。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表示する取引会社もあります。

 

普段は売値の方が低い値段になっています。

 

買値は高く、売値は安くなるはずです。

 

その差分をスプレッドといい、取引業者の利益のひとつとされています。

 

スプレッド幅はFX業者によって異なります。

 

スプレッドの狭さは自分自身にとってコストになるので、狭い業者を選択したほうが有益です。

 

ただし、同じFX業者でも状況によってスプレッド幅は変動します。

 

仮にいつもはドルと円のペアでわずか1銭のスプレッド幅とは言っても、為替の変化が大きいケースでは3銭、4銭になる事があります。

 

という事で、スプレッドの広さが狭いのと同時に変わらない事が必要です。

 

この頃では動かないスプレッド幅を示すFX取引会社も存在しています。

 

リアルにFX業者の売り買い画面の上で実際のレートを見て確認しなければ評価できないので面倒くさいですが、重要な事です。

 

貴重な投資資金を投じて売買をするのですから、実際の売買の前に魅力的に思えたFX取引会社の取引するための口座開設をどんどんして、表示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。

 

同じ外貨でも、その場面での相場の変動率によってスプレッドの幅は異なります。

 

おおむね、銀行間取引市場で取引高が多いペアではスプレッド幅が狭くそれ以外の外貨ではスプレッドが広がるのが一般的です。

 

金融

関連エントリー
金融商品は難しいのが前提テスト